外壁塗装を依頼する前に

ガルバリウム仕上げの場合

ガルバリウム仕上げの場合

ガルバリウム仕上げの場合 住宅の外壁に用いられる部材にはさまざまな種類がありますが、中でも人気が高いのがガルバリウム鋼板です。
アルミニウムと亜鉛の合金であるこの鋼板は、軽量で耐久性が高く、デザイン性にも優れているといった多くのメリットを持つ外壁材です。壁のみにとどまらず、屋根材としても広く利用されています。
建売住宅はもちろん、注文住宅にも使われることの多いこの外壁材ですが、1つ誤解されやすい点があります。それは、この鋼板を外壁に使用すれば、重ねて外壁塗装を行う必要はない、というものです。
確かにデザインやカラーにバリエーションの多い部材なので、あえて塗装をせずにそのまま使用しても審美上の問題はさほど生じません。ただ、ガルバリウムは一般には「錆びない」と言われていますが、実際は「錆びにくい」のであってまったく錆びないわけではないのです。そのまま風雨にさらせば、どうしても錆による劣化を免れることができません。
しかし、防錆加工を兼ねた外壁塗装を施しておけば、こうした劣化を防ぐことができます。定期的な塗り替えリフォームを行うことで、住宅の寿命をさらに延ばすことも可能です。

外壁塗装の効果とガルバリウム外壁のデメリットを知る

外壁塗装の効果とガルバリウム外壁のデメリットを知る 家の外側は多くは外壁が使われていますので、家を美しく保つためにも、長持ちさせるためにも外壁塗装などのメンテナンスは定期的に行うことが大事です。
外壁は長年、雨風や紫外線にさらされているうちに劣化が進んでいき、ひび割れがあるとそこから水が入り、建物の耐久性にも影響が出てきます。そこで外壁塗装を定期的に行えばひび割れなどの不具合も修理できますし、建物も美しく保つことができます。
外壁には様々な種類がありますが、ガルバリウムも様々なメリットがあると言われています。利点としては錆びにくく高寿命で、しかも軽いので耐震性にも優れているということがあげられます。
逆にデメリットがないかも知っておきたいところですが、施工には多くの費用も必要です。そして、錆びにくい素材ですが、錆びないわけではないことも理解しておきましょう。
それから、断熱性は備わっていませんので、断熱効果を高めるには断熱材も必要となってきます。見た目の好き嫌いもありますので、好みに合うかも確認しておきましょう。

Copyright (C) 2018 外壁塗装を依頼する前に. All Rights Reserved.