外壁塗装を依頼する前に

外壁塗装は建物を熱から守る

外壁塗装は建物を熱から守る

外壁塗装は建物を熱から守る 外壁塗装と言えば建物の外観を維持するために行うリフォームと考えるかもしれませんが、建物の機能性を維持するメリットもあるのです。建物が受けるダメージと言えば雨風をイメージする人が多いですが、それ以上に大きなダメージとなるのが紫外線による熱ダメージです。熱によって塗膜がもろくなっていき、塗装が劣化すると建物自体を老朽化させる原因になります。外壁塗装をすれば遮熱作用が復活するので、建物を紫外線から守ることが可能です。
塗膜が剥がれてしまうと直射日光の影響をまともに受けますので、外壁が傷んで雨漏りを発生させる原因にもなります。雨漏りの原因と言えば屋根にあると考えるかもしれませんが、外壁の劣化が関係しているケースは少なくありません。外壁塗装は塗料の種類にもよりますが、10年サイクルで行っておくのが好ましいです。遮熱作用が復活すれば、住居内の環境を快適に維持するメリットも期待できます。外壁塗装を数あるリフォームの中でも、特に優先順位が高いわけです。

外壁塗装を行うメリット

外壁塗装を行うメリット 外壁塗装は使用する塗料の種類に応じて耐用年数が変わります。グレードが高いものを使うと15年や20年の耐久性能を維持することができますが、グレードが高いものは値段も高くなるので、一概に良いとは言い切れません。これに対してアクリル系塗料などの場合は、5~7年が耐用年数と言われているので、ハイグレード塗料と比べると外壁塗装の頻度は3倍近くかかることになる、割高なイメージにもなりがちです。但し、グレードが低いものを使うと耐用年数自体は短くなるものの、耐久性を取り戻せると同時に塗り替えを楽しめるなどのメリットが生まれて来るのです。
外壁塗装の本来の目的は塗り替えて見た目をきれいにすることではありませんが、塗り替えると新築時のような装いに戻せることもメリットと言えましょう。しっかりと下地調整を施した上で3度もしくは4度の重ね塗りをすると、雨を弾き飛ばしてくれる外壁に生まれ変わる、これは新築時と同じ状態になるので、外壁を自然の猛威から守る効果を期待できます。

Copyright (C) 2018 外壁塗装を依頼する前に. All Rights Reserved.